派遣社員って

一昔前、派遣きり!という言葉が流行りました。この為、一気に派遣社員の人口が減ってしまいました。でも今、また派遣が流行っています。ただ派遣法の改訂があってから基本的には日雇いバイトが難しくなりましたね。日雇い労働が出来る要件としては、・世帯の年収が500万円以上だったり、60歳以上だったり。基本的にそこまで日雇い労働が必要ない人にしか適応されなくなったのはビックリしましたね。

そこでこれは実体験なのですが、派遣で食いつなぐ!こういう事を考えている方には次のような方法が効率的だと思います。

●フロムエーやバイトルドットコムなどで職種や希望地域などから派遣会社を選択する
●それぞれの派遣会社の特徴を見て、自分にある派遣会社を探す

これで一気に10社~の登録だけをしてしまうのです。どうしても登録制の派遣会社が主流になっていますので、一度は出向いて登録会に参加しなくてはいけません。めんどくさい事は先にやってしまうのです。こうすれば、仕事にあぶれる事はありません。

この派遣会社の特徴としては、
●週払い、日払いが可能となっている
●単発に近い仕事がメイン
●時給は高く、正社員に近い案件ばかりを扱っている
●コールセンター、販売員がメイン
●現場がメイン

このようにそれぞれ特徴があるのですが、やはり日雇い案件が多い派遣会社はどうしても時給が安い傾向にあります。その代わりにすぐ給料がもらえる、という感じですね。逆に正社員に近い案件が多い派遣会社では、時給が1500円とか1800円など高時給の仕事もたくさんあります。

紹介予定派遣といって、半年間たって双方が納得すれば正社員になる、という正社員予備軍のような案件も今では多いですね。最終的には正社員で!と思っている方はこういった紹介予定派遣を探すのが良いでしょう。

下手にハローワークなどに行くより、自分にあった仕事が探せますよ。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

 TOP